大好きだよ。

- comments(8) - はーにゃん

今日午後、家族でユエの葬儀を行い、荼毘にふしてきました。



ユエの闘病中、また亡くなった際にも、あたたかい言葉とお気持ちを寄せていただき、

本当にありがとうございました。



ユエは最後に幾つかの奇跡を見せてくれました。

金曜の夜は交代で付き添うつもりで、お父にゃんにユエを看てもらって先に仮眠をとっていたら、

ユエはひとりで私の枕元に来たのです。

もうほとんど歩けなかった筈なのに、お父にゃんがついうたた寝した僅かな隙に、

いったいどうやって私のところまで来れたのか…。

抱きしめると安心したように丸くなり眠りました。

また土曜の昼にお兄にゃんが駆けつけた時には、

それまで虚ろに目を開けてだらんと横たわっていたのが嘘のように、

しゃんと頭を上げ、しっかりした目でお兄にゃんを見つめました。

最後まで頑張り屋の娘でした。



今はまだ、何を見ても何をしてもユエのことが思われ涙が止まりません。

ユエが傍にいないという現実に慣れるまでには、当分かかりそうです。

でも心はずっと一緒。

大好きだよ、ユエ、愛してる。

虹の橋

- comments(11) - はーにゃん

ユエは今朝9時25分、虹の橋を渡りました。

最後の最後まで頑張ってくれました。

世界一お利口で可愛い、うちの自慢の娘です。

もういいよ。

病気その他 comments(8) - はーにゃん

もういいよ。

頑張らなくてもいいよ。



大好きだよ。



うちの娘は世界一かわいいお利口さん。



私たちの愛しい自慢の娘。



助けてあげられなくてごめん。

痛いの治してあげられなくてごめん。



愛してるよ、ユエ。

ずっとずっと、愛してる。

願いはひとつ

病気その他 comments(4) - はーにゃん

ユエ、一番元気だった時の半分の体重になってしまい、



撫でると骨がはっきりわかるくらいやせてしまいました。



毎日の点滴と1日5回の投薬、

それでも防ぎきれない嘔吐や痛みと、

小さな小さな体でずっと闘い続けています。



獣医さんが「奇跡的」という今の状態がいつまでもつか判りません。



でもどうか、1日でも1分でも長く、ユエと一緒に暮らせますように。

緩やかに

- comments(4) - はーにゃん

秋から冬へと季節が移ろうなか、

 



ユエはゆっくり緩やかに坂を下っています。











日に日にできないことが増え、



少しずつ少しずつ坂を下るユエ。



ずっと一緒にいるからね。

1週間

病気その他 comments(8) - はーにゃん

獣医さんにもう打つ手がない、と言われて1週間。



ユエ、この1週間ほとんど食べられず、

体重もとうに3キロを切りました。

低体温に注意しながら、

ずっとそばにいます。



少しでも家族の姿が見えないと、

細い声で鳴いたり、探しに来ようとするので。

一人暮し中のお兄にゃんもなるべくこちらに帰っています。



みんなユエが大好きだよ。

泣いたらダメなのに。

病気その他 comments(5) - はーにゃん

11月に入って以来、ユエの体調が芳しくありません。



今日の診察で、腎不全から来る尿毒症がかなり悪化してるのが判りました。

あとは大きい病院での透析+輸血位しか手がなく、

慢性腎不全のユエにとっては

それもあまり現実的ではないので、

今はお薬で苦痛を和らげるしかないようです。

それでも、元気になってほしくて、

一口でもいいから食べてほしくて、

ユエの好物を買い集めてきた愚かなお母にゃん。

泣いたらダメなのに、涙が止まりません…。



9歳の誕生日

写真その他 comments(4) - はーにゃん

2017年10月30日(月)

 



ユエ9歳の誕生日。

うちに来て丸6年になりました。





あいにく明け方にまた嘔吐し、体調は今一つのユエ。

でも今日は、いっぱい撫で撫でして、

だっこして、好きなご飯あげて、

楽しい誕生日にしたいと思います。

お誕生日おめでとう、我が家のお姫さま\(^^)/

出会って6年

家族 comments(4) - はーにゃん

ユエ、あなたと初めて出会ったのは、

6年前、井の頭公園での譲渡会でした。

たくさんの猫たちのなか、可愛い猫も子猫もいっぱいいるなかで、

なぜかお父にゃんとお母にゃんを強く惹き付けたのが

当時2~3歳、3びきの子猫の母猫だったあなたでした。

あなたは呆然としているようでした。

お父にゃんとお母にゃんは、申し込む前に、そこらを歩き回りながらいろいろ話し合いました。

ひとつの命を引き受ける覚悟が、自分達にあるかどうか。

猫が来たら、自分達の生活が変わるだろう、それでも大丈夫かどうか。

悩みに悩んで、申し込み書を出したのです。

でもあなたを引き取りたい人は他にもいて、

最初あなたは他のおうちにお試しに行きました。

お父にゃんとお母にゃんはひどくがっかりしました。

だから数日後、「まだあの子を引き取る気がありますか?」と連絡が来たとき、

即座に「はい」と応えました。

あなたはお試し先のおうちに合わなかった、とのことでした。

うちに来た日、あなたはキャリーから出まいと、必死になっていましたね。

神経質で難しい子だから、もし無理だと思ったら、すぐ連絡してください、と言われました。

確かに数日はかちこちに固まっていて、夜も悲痛な声で鳴いてました。

当たり前だよね、怖かったよね。

1ヶ月くらいして、おそるおそるケージの外に出るようになった頃、

あなたはいきなり虫を吐き、慌てて病院へ。

猫回虫でした。

保護先でも駆虫はしていたそうなのですが…。

その後も歯肉炎、皮膚炎、腎不全と立て続けに発症。

動物病院と縁の切れないあなた。

でも日に日にうちに慣れ、可愛い仕草と表情で家族を魅了し、

うちのアイドル、うちの可愛い末っ子になったあなた。

今ではあなたがいない生活はあり得ません。

腎不全のため、毎日点滴と投薬が欠かせないあなた、

痛いし苦いし嫌だろうけど、

頑張って我慢して病気と闘って、

本当に偉いよ。

可愛い可愛い可愛いユエ、

まだまだ橋を渡っちゃダメだからね。

お父にゃんとお母にゃんからはぐれないように、

ちゃんとそばにいるんだよ。

10月

病気その他 comments(4) - はーにゃん



10月に入って、朝晩涼しいというより寒い、と感じる今日この頃。

ユエは相変わらずです。



体調は横ばい。



順調だと思っていたら、急にひどい下痢嘔吐に陥って水も受け付けなくなったり、

いつも点滴の針を刺すあたりに皮膚炎か拡がったり。

油断できません。



この可愛い甘えん坊にゃんが



少しでも長く、元気で幸せに過ごせますように。




この子がいない時間は考えられないから。



大好きだよ、ユエ?

無料ブログ作成サービス JUGEM